(2013年5月6日更新)

Shoji Kajita's Publications and Activities in 2012

You can also see publications and activities in 2013, 2012, 2011, 2010, 2009, 2008, 2007, 2006, 2005, 2004, 2003, or, go to Shoji Kajita Top Page

学術論文

  1. Shoji Kajita and Hiroshi Matsuo, ``Tokai Academic Cloud:An Experimental Intra And Inter-institutional Cloud Infrastructure among National Universities in The Tokai Region of Japan'', International Journal of Cloud Computing (in printing)

国際会議

  1. Janice A. Smith and Shoji Kajita, ``Constructing Digital Myself: Authenticity, Folio Thinking, and the Representation of Self'', the 10th international ePortfolio & Identity Conference (ePIC 2012), , pp.59--63, 9-11 July 2012, London, UK
  2. Shoji Kajita, ``Tokai Academic Cloud: An Experimental Intra And Inter-institutional Cloud Infrastructure among National Universities in the Tokai Region of Japan'', 1st International IBM Cloud Academy Conference, ICA CON 2012, pp.23--29, April 19-20, 2012, Research Triangle Park, North Carolina, U.S.A.
  3. Shoji Kajita and Yuki Yamada, ``Benten as A Collaborative Translation Platform for Sakai and Jasig Products' Localization and Adaptation to Cultural and Institutional Needs'', 2012 Jasig-Sakai Conference, June 10-15, 2012, Atlanta, U.S.A.

シンポジウム

  1. 梶田将司, ``科研費基盤B成果と今後'', 「仮想コンピューティング実験室によるクラウド型専門教育実習環境とその応用」成果シンポジウム, 2013年3月21日, 名古屋大学, 名古屋
  2. 梶田将司, ``大学間連携によるクラウドサービスの共同開発・共同運用に向けた挑戦'', ウィンターワークショップ2013・イン・那須 論文集, Vol. 2013, pp.77--78, 2013年1月24日・25日,那須
  3. 上田浩,喜多一,森幹彦,石井良和,外村孝一郎,植木徹,上原哲太郎,梶田将司, ``ネットブートとデスクトップ仮想化を採用した京都大学の教育用端末系の構築:TCO削減を目指して'', インターネットと運用技術シンポジウム2012論文集, Vol. 2012, pp. 47--54, 2012年12月6日,鹿児島
  4. 梶田将司, ``クラウド環境における次世代教育学習用端末サービスの検討'', SSS2012 情報教育シンポジウム論文集,Vol.2012, No.4, pp. 213--215, 2012年8月20日〜22日,静岡

国内研究会

  1. 梶田将司, ``Apache Virtual Computing Laboratory の現状と課題'', 情報処理学会研究報告教育学習支援情報システム(CLE), Vol. 2013-CLE-9, No. 10, pp. 1-6, 2013年2月
  2. 常盤祐司,宮崎誠,松葉龍一,出口大輔,梶田将司, ``第 13 回 Sakai Conference 参加報告'', 研究報告教育学習支援情報システム(CLE), Vol. 2012-CLE-8, No. 9, pp. 1-5, 2012年11月
  3. 梶田将司,元木環,椋木雅之,平岡斉士, ``京都大学におけるSakai実装の現状と課題'', 研究報告教育学習支援情報システム(CLE), Vol. 2012-CLE-7, No. 9, pp. 1-6, 2012年5月

全国大会

  1. 梶田将司 (企画者・司会者),塩田浩平・池田裕一・惣脇宏・酒井博之 (話題提供者),飯吉透 (指定討論者), ``京都大学におけるポートフォリオ情報環境戦略の開発と実装'', 第19回大学教育研究フォーラム発表論文集,pp. 258--259, 京都大学,京都
  2. 梶田将司, ``京都大学におけるポートフォリオ情報環境戦略の開発と実装'', Ja Sakai Conference 2013, 2013年3月13日, 京都大学, 京都
  3. 梶田将司, 常盤祐司 (オーガナイザ), 企画セッション「Sakaiを中心とした教育基盤構築の現状と今後の展開」, 大学 ICT 推進協議会2012年度年次大会, 2012年12月17日〜19日, 神戸国際会議場, 神戸
  4. 梶田将司 (オーガナイザ), 企画セッション「安否確認システムの共同開発・共同運用における現状と課題」, 大学 ICT 推進協議会2012年度年次大会, 2012年12月17日〜19日, 神戸国際会議場, 神戸

招待講演・依頼講演等

  1. 梶田将司, ``大学ICT推進協議会クラウド部会の活動紹介'', 学術情報基盤オープンフォーラム大学のクラウド活用における検証と課題と対策, 2013年2月8日,学術総合センター,東京
  2. 梶田将司, ``アカデミッククラウドに関する取り組み報告〜京大とAXIESクラウド部会〜'', 企画セッション「大学間連携のためのアカデミッククラウド」, 大学 ICT 推進協議会2012年度年次大会, 2012年12月17日〜19日, 神戸国際会議場, 神戸
  3. 梶田将司, ``高等教育機関における一斉同報通知・確認サービスとしての安否確認'', サイエンティフィック・システム研究会教育環境分科会2012年度第2回会合, 2012年10月24日,ANAクラウンプラザホテル神戸,神戸

研究費

  1. 科学研究費基盤研究(B), 平成22年度~24年度, 「仮想コンピューティング実験室によるクラウド型専門教育実習環境とその応用」(研究代表者:梶田将司)
  2. 科学研究費挑戦的萌芽研究, 平成24年度~26年度, 「デジタルマイセルフによるパーソナルデベロプメント支援情報環境の構築」(研究代表者:梶田将司)
  3. 科学研究費基盤研究(A), 平成23年度~25年度, 「国際的な生涯学習コミュニティ構築のための学習コンテンツ共有・流通システムの研究」(研究代表者:山田恒夫,研究分担者)

海外派遣状況

  1. 2012年11月4日〜11月14日,EDUCAUSE 2012 に参加し,大学情報基盤整備の現状調査を行うとともに,HEC Montreal を訪問しeポートフォリオシステムに関する調査を行う, Philadelphia, U.S.A. and Montreal, Canada
  2. 2012年7月8日〜7月13日,第10回国際eポートフォリオ・アイデンティティカンファレンスでの研究発表を行う, London, UK
  3. 2012年6月9日〜6月17日,Jasig-Sakaiカンファレンスに参加し,Sakai 国際化・日本語化に関する研究発表を行う, Atlanta, GA, U.S.A.
  4. 2012年4月17日〜4月22日,ICA 2012 に参加し,東海アカデミッククラウドに関する研究発表を行う,Research Triangle Park, Raleigh, NC, U.S.A.

学会,委員会,社会活動

  1. 平成25年3月〜 Board Member, Apereo Foundation
  2. 平成25年2月〜 情報処理学会若手研究者の会メンバ
  3. 平成24年6月〜 一般社団法人大学ICT推進協議会クラウド部会主査
  4. 平成24年5月〜 電子情報通信学会サービスコンピューティング専門委員会委員
  5. 平成20年4月〜 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会専門委員
  6. 平成11年5月~ 電子情報通信学会ソサイエティ論文誌編集委員会査読委員
  7. 平成15年5月~日本学術振興会産学協力研究委員会インターネット技術第163委員会委員
  8. 平成19年11月~日本学術振興会産学協力研究委員会インターネット技術第163委員会運営委員
  9. 平成17年9月〜 情報処理学会教育学習支援情報システム研究グループ幹事
  10. 平成20年3月〜 Sakai Foundation Ja Sakai Community 幹事
  11. CSK主催アエラスフォーラムメンバ
  12. 株式会社エミットジャパン研究開発指導(2006年11月から)

教育

  1. ストーリーテリングによる情報リテラシ入門 (京都大学全学共通教育ポケゼミ)
  2. クラウドプログラミング入門 (京都大学全学共通教育後期)

学内委員

  1. 京都大学高等教育研究開発推進機構情報化グループ委員
  2. 京都大学情報環境機構サイバーラーニングスペース運用委員会・委員長