(2012年4月25日更新)

Shoji Kajita's Publications and Activities in 2011

You can also see publications and activities in 2013, 2012, 2011, 2010, 2009, 2008, 2007, 2006, 2005, 2004, 2003, or, go to Shoji Kajita Top Page

学術論文

  1. Guangzhe Zhao, Takafumi Marutani, Shoji Kajita and Kenji Mase, "Where Are You Heading For: Estimation of Human Walking Direction", 画像電子学会誌, 画像電子学会誌, vol. 40, no. 4, pp. 587-596, July 2011.

国際会議

  1. Shoji Kajita, ``Survivor Confirmation at Higher Educational Institutions as A Socio-Technical Testbed for Large-Scale Emergency Response'', CSCW 2012 Workshop: Collaboration and Crisis Informatics, February 11-15, 2012, Bellevue, Washington, U.S.A.
  2. Shoji Kajita, ``Cloud-type Teaching and Learning Environment Using Virtual Computing Laboratory'', 5th AEARU Network Education Workshop, November 30 - December 2, 2011, Nanjing University, China
  3. David Roldan Martinez, Jean-Francois Leveque and Shoji Kajita, ``S2U, French and Ja-Sakai Communities'', EuroSakai 2011, 26-28 September 2011, Amsterdam, Netherlands
  4. David Roldan Martinez, Jean-Francois Leveque and Shoji Kajita, ``I18n Status and Improvement'', EuroSakai 2011, 26-28 September 2011, Amsterdam, Netherlands
  5. David Roldan Martinez, Jean-Francois Leveque and Shoji Kajita, ``I18n as A Tool To Achieve International Success in Higher Education'', EuroSakai 2011, 26-28 September 2011, Amsterdam, Netherlands
  6. David Roldan Martinez, Jean-Francois Leveque and Shoji Kajita, ``Sakai CLE doesn't work in my language, please help me!'', EuroSakai 2011, 26-28 September 2011, Amsterdam, Netherlands
  7. David Roldan Martinez, Jean-Francois Leveque and Shoji Kajita, ``Practical Internationalization Improvement for Sakai CLE'' EuroSakai 2011, 26-28 September 2011, Amsterdam, Netherlands
  8. Shoji Kajita, Janice A. Smith and Michiaki Omura, ``Digital Myself: A Mirror Image Model of Identity and Its Implementation Through a Second Culture'', the 9th international ePortfolio & Identity Conference (ePIC 2011), accepted, 11-13 July 2011, London, UK
  9. Shoji Kajita, Yasushi Kodama, Ryuichi Matsuba, Raul Mengod Lopez, David Roldan-Martinez and Yuji Tokiwa, ``Regional Sakai: Lessons from Spain and Japan'', 12th Sakai Conference, Los Angels, U.S.A., June 13-16, 2010.

著書

  1. ジャニス・A・スミス(梶田将司訳),"先駆者からのメッセージ", 「大学力を高めるeポートフォリオ〜エビデンスに基づく教育の質保証をめざして」, pp.iii-vii, 東京電機大学出版局, 2012年3月
  2. ジャニス・A・スミス(梶田将司・足立昇訳),"Sakai Open Source Portfolio (OSP) ツール", 「大学力を高めるeポートフォリオ〜エビデンスに基づく教育の質保証をめざして」, pp.140-154, 東京電機大学出版局, 2012年3月
  3. ジャニス・A・スミス(梶田将司・足立昇訳),"Open Source Portfolio (OSP) の利用シナリオ", 「大学力を高めるeポートフォリオ〜エビデンスに基づく教育の質保証をめざして」, pp.155-180, 東京電機大学出版局, 2012年3月
  4. 梶田将司, "ライフロングなeポートフォリオの実現に向けて", 「大学力を高めるeポートフォリオ〜エビデンスに基づく教育の質保証をめざして」, pp.226-237, 東京電機大学出版局, 2012年3月

解説

  1. 梶田将司, ``雲上の学び舎〜大学人にとってのクラウドコンピューティング'', アイ・サイ問答教室, システム制御情報学会学会誌「システム/制御/情報」, Vol. 56, No. 3, 2012年3月
  2. 梶田将司,``大学における教育学習活動の見える化'', 可視化情報学会誌, Vol.31, No.121, pp.25--30, 2011年4月

国内研究会

  1. 梶田将司, ``Sakai CLE 2.9の現状と課題'', 情報処理学会研究報告教育学習支援情報システム(CLE), Vol. 2011-CLE-6, No. 9, pp. 1-8, 2011年12月
  2. 梶田将司, 齋藤彰一, 土屋雅稔, 山本大介, 鈴木常彦, 山口由紀子, 長谷川孝博, 長谷川明生, 田中昌二, 内田裕市, 三橋一郎, 太田義勝, 高倉弘喜, 松尾啓志 ``Shibboleth・CAS連携による東海アカデミッククラウド認証基盤の構築'', 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会,信学技報, vol. 111, no. 321, IA2011-44, pp. 49-53, 2011年11月
  3. 梶田将司, ``教育学習支援情報環境におけるプラクティカルなサービス連携に向けて'', 電子情報通信学会サービスコンピューティング研究会, 信学技報, vol. 111, no. 316, AI2011-32, pp. 19-22, 2011年11月
  4. 常盤祐司, 宮崎誠, 児玉靖司, 松葉龍一, 梶田将司, ``第 12 回 Sakai Conference 参加報告'', 情報処理学会研究報告コンピュータと教育研究会報告, Vol. 2011-CE-111(1), pp. 1-8, 2011年10月
  5. 常盤祐司, 梶田将司, ``Sakai 2.8/2.9'', 情報処理学会教育学習支援情報システム研究会第4回研究会企画セッション「コミュニティソースCLEの現状」, 長岡技術科学大学, 長岡, 2011年5月12-13日

全国大会

  1. 太田芳博, 中務孝広, 田上奈緒, 原愛樹, 大平茂輝, 後藤明史, 森健策, 梶田将司, ``名古屋大学におけるSakaiの利用促進活動報告'', 第5回 Ja Sakai Conference, 2012年3月10日,法政大学
  2. 梶田将司,元木環,平岡斉士, ``京都大学における Sakai 実装'', 第5回 Ja Sakai Conference, 2012年3月10日,法政大学
  3. 梶田将司, ``高等教育機関におけるOSSの国際的動向とそれを支えるビジネスモデル'', 大学ICT推進協議会2011年度年次大会企画セッション「オープンソース技術部会(SIG-OSS)に期待すること」, 2011年12月7日〜12月9日, 福岡国際会議場, 福岡
  4. 梶田将司, ``Campus Computing Survey の紹介'', 大学ICT推進協議会2011年度年次大会企画セッション「ITベンチマーキングとは何か」, 2011年12月7日〜12月9日, 福岡国際会議場, 福岡
  5. 梶田将司, ``教えの支援から学びの支援へ'', 大学ICT推進協議会2011年度年次大会企画セッション「OCW、ソーシャルラーニングプラットフォームへの可能性と課題」, 2011年12月7日〜12月9日, 福岡国際会議場, 福岡
  6. 梶田将司, ``uPortal および uMobile による大学ポータルの構築'', 大学ICT推進協議会2011年度年次大会一般セッション, 2011年12月7日〜12月9日, 福岡国際会議場, 福岡

招待講演・依頼講演等

  1. ``VCLを用いたアカデミッククラウド構築事例'', 電子情報通信学会東海支部平成23年度専門講習会, 2012年3月1日, キャッスルプラザ, 名古屋
  2. ``アカデミッククラウド環境: 大学の情報化における新たなパラダイム'', 武庫川女子大学平成23年度情報教育研究センター学術講演会, 2011年12月19日, 武庫川女子大学
  3. ``アカデミッククラウド環境: 大学の情報化における新たなパラダイム'', 関西学院大学高等教育推進センター「大学ポータルに関する研究会」, 2011年12月19日, 関西学院大学
  4. ``Toward Mobile Learning on Cloud-type Teaching and Learning Environment'', 独立行政法人国際協力機構フィージー南太平洋大学ICTキャパシティビルディングプロジェクト (第二次) 本邦研修, 2011年12月15日, 京都大学
  5. ``アカデミッククラウド: 大学情報環境整備のための新たなパラダイム'', NUA学術情報システム研究会平成23年度第37回研究会, 2011年11月17〜18日, 立命館大学
  6. ``Sakai の現状と方向性'', 法政大学情報メディア教育センターシンポジウム「Sakaiを中心とした教育支援環境の現状と評価」, 2011年9月14日, 法政大学市ヶ谷キャンパス, 東京
  7. ``クラウド時代における教育学習情報環境と標準化'', 第10回情報科学技術フォーラム FIT2011 イベント企画「学習環境のクラウド化とパーソナル化」, 2011年9月8日,函館大学,北海道函館市
  8. ``大学ICT推進の最新動向'', New Education Expo 2011 セミナー「大学におけるICTマネジメント:海外の最新事情と大学ICT推進協議会の新展開」, 2011年6月3日,東京ファッションタウンビル西館2階TFTホール, 東京都江東区

技術指導

  1. Not yet.

研究費

  1. 科学研究費基盤研究(B), 平成22年度~24年度, 「仮想コンピューティング実験室によるクラウド型専門教育実習環境とその応用」(研究代表者:梶田将司)
  2. 名古屋大学インキュベーション施設利用, 平成23年4月から平成25年3月, 「教育現場の多様性を育む参加型教育学習支援クラウド基盤の構築」(研究代表者:梶田将司)
  3. 科学研究費基盤研究(A), 平成23年度~25年度, 「国際的な生涯学習コミュニティ構築のための学習コンテンツ共有・流通システムの研究」(研究代表者:山田恒夫,研究分担者)

海外派遣状況

  1. 2012年2月10日〜2月18日,CSCW 2012 に参加し研究発表を行うとともに Educational Technology Services, University of California および New York University を訪問し,大学情報基盤整備の現状調査を行う, Bellevue, Berkeley, New York, U.S.A.
  2. 2011年10月16日〜10月24日,EDUCAUSE 2011 に参加し,大学情報基盤整備の現状調査を行う, Philadelphia, U.S.A.
  3. 2011年9月25日〜9月29日,Euro Sakai 2011 に参加し,Sakai 国際化・日本語化に関する研究発表を行う, Amsterdam, Netherlands
  4. 2011年7月9日〜7月15日,第9回国際eポートフォリオ・アイデンティティカンファレンスでの研究発表を行う, London, UK
  5. 2011年6月11日〜6月18日,第12回Sakaiカンファレンスに参加し,Sakai 国際化・日本語化に関する研究発表を行う, Los Angels, CA, U.S.A.
  6. 2011年5月18日〜5月27日,ミネソタ大学ドルース校 Paul Treuer 准教授を訪問し,Personal Learning Recoard に関する国際標準化に向けた研究開発討議を行うとともに,Jasig2010 におけるオープンソースによる大学情報基盤整備の現状調査を行う,Duluth (MN), Denver (CO), U.S.A.

学会,委員会,社会活動

  1. 平成23年4月〜5月 一般社団法人大学ICT推進協議会事業計画検討WG委員
  2. 平成22年7月〜 電子情報通信学会サービスコンピューティング時限研究専門委員会委員
  3. 平成20年4月〜 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会専門委員
  4. 平成11年5月~ 電子情報通信学会ソサイエティ論文誌編集委員会査読委員
  5. 平成15年5月~日本学術振興会産学協力研究委員会インターネット技術第163委員会委員
  6. 平成19年11月~日本学術振興会産学協力研究委員会インターネット技術第163委員会運営委員
  7. 平成17年9月〜 情報処理学会教育学習支援情報システム研究グループ幹事
  8. 平成20年3月〜 Sakai Foundation Ja Sakai Community 幹事
  9. CSK主催アエラスフォーラムメンバ
  10. 株式会社エミットジャパン研究開発指導(2006年11月から)

教育

  1. 社会システム情報学特論(情報科学研究科前期)
  2. プロセス協調分散特論(情報科学研究科前期)
  3. 知識社会システム論セミナー(情報科学研究科)

学内委員

  1. 全学 オープンコースウェア委員会委員
  2. 情報連携統括本部 プロジェクト・業務専門委員会委員