Shoji Kajita's Publications and Activities in 2006

You can also see publications and activities in 2013, 2012, 2011, 2010, 2009, 2008, 2007, 2006, 2005, 2004, 2003, or, go to Shoji Kajita Top Page

学術論文

  1. 内藤久資, 梶田将司, 小尻智子, 平野靖, 間瀬健二, "大学における統一認証基盤としてのCASとその拡張", 情報処理学会論文誌, Vol. 47, No. 4, pp. 1127-1135, 2006年4月

国際会議

  1. Mayumi Ueda, Shoji Kajita and Kenji Mase, ``Visualizing Student's Operation History for Support of Preparing Teaching Material and Student's Learning'', International Technology, Education and Development (INTED) Conference 2007, Valencia, Spain, March 7-9, 2007.
  2. Mehrdad Panahpour Tehrani, Yasushi Hirano, Toshiaki Fujii, Shoji Kajita, Kazuya Takeda and Kenji Mase, ``An Integrated Audio-Visual Viewer for a Large Scale Multipoint Cameras and Microphones'', Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT) 2007, pp.462--465, January 8-9, 2007, Bangkok, Thailand
  3. Hisashi Naito, Shoji Kajita, Yasushi Hirano and Kenji Mase, ``Multiple-Tiered Security Hierarchy for Web Applications Using Central Authentication and Authorization Service'', Proceeding of Middleware Workshop on IEEE International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2007), pp.27, Hiroshima, Japan, January 2007
  4. Shoji Kajita and Kenji Mase, ``uClassroom: Expanding Awareness in Classroom To Ubiquitous Teaching and Learning'', Fourth IEEE International Workshop on Wireless, Mobile and Ubiquitous Technology in Education (WMUTE2006), pp.161--163, Athens, Greece, November 2006
  5. Yuichi Koyama, Yasushi Hirano, Shoji Kajita, Kenji Mase, Kimiko Katsuyama and Kazunobu Yamauchi, ``Doctor-Patient Communication Supporting Method by Visualizing Topic Structure'', ACM CSCW (Computer Supported Collaborative Working) 2006, pp.195--196, Banff, Alberta, Canada, November 2006
  6. Kenji Matsuzawa, Kenji Mase, Yasushi Hirano and Shoji Kajita, ``Experience Map Creation by Virtual WLAN Location Estimation'', International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2006), pp.117--118, Montreaux, Swiss, October 11-14, 2006
  7. Zhiwen Yu, Xingshe Zhou, Changde Li, Shoji Kajita and Kenji Mase, ``UPmP: A Component-Based Configurable Software Platform for Ubiquitous Personalized Multimedia Services'', The 3rd International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing (UIC 2006), Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, pp.1069-1079, Wuhan and Three Gorges, China, September 3-6, 2006
  8. Kosuke Akune, Kenji Mase, Yasushi Hirano and Shoji Kajita, ``Discussion Support System for Video-oriented Sports Meetings'', ICICIC2006 (Innovative Computing, Information and Control), pp.561--564, Beijing, August 30 - September 1st, 2006
  9. Zhiwen Yu, Xingshe Zhou, Daqing Zhang, Shoji Kajita and Kenji Mase, ``Context-Aware Media Personalization'', The 4th International Conference on Smart Homes and Health Telematics (ICOST 2006), pp.359--362, IOS Press, Belfast, Northern Ireland, United Kingdom, June 26-28, 2006
  10. Seiie Jang, Shoji Kajita and Kenji Mase, ``Context Hand-Over: Managing User Context for Seamless Service in Changing Places'', In Adjunct Proc. of The 4th International Conference on Pervasive Computing, pp.73--78, Dublin, Ireland, May 2006
  11. Mehrdad P. Tehrani, Yasushi Hirano, Toshiaki Fujii, Shoji Kajita, Kazuya Takeda and Kenji Mase,``Arbitrary Listening-point Generation Using Sub-band Representation of Sound Wave Ray-Space'', 2006 IEEE International Conference on Acoustics, Speech & Signal Processing (ICASSP2006), Toulouse, France, May 2006

シンポジウム

  1. 間瀬健二, 梶田将司, 美濃導彦, 角所考, 竹村治雄, 中澤篤志, 浦真吾, ``ユビキタス環境下での高等教育機関向けコース管理システム'', 文部科学省知的資産のための技術基盤プロジェクト第4回展示会 ``デジタル知的資産の創造と学びの環境づくり'', 恵比寿ザ・ガーデンルーム, 東京, 2007年2年24日

国内研究会

  1. 神山祐一,平野靖,梶田将司,間瀬健二,勝山貴美子,山内一信, ``話題構造の可視化による医師-患者コミュニケーション支援手法'', 第7回看護情報研究会, pp. 67--70, 2006年7月
  2. 上田真由美,梶田将司,間瀬健二, ``学習操作履歴の可視化による教材作成支援および学習者の行き詰まり予防に関する検討'', 情報処理学会教育学習支援情報システム研究グループ第4回研究会,pp.91-98,熊本, 2006年12月
  3. 清水賀代,小村道昭,黒田綾香,梶田将司,小舘香椎子, ``ロールモデル型eポートフォリオのマルチキャリアパス支援への活用'' 情報処理学会教育学習支援情報システム研究グループ第4回研究会, pp.49--54, 2006年12月
  4. 上田真由美, 杉浦達樹, 小村道昭, 梶田将司, 間瀬健二, ``Sakaiによる ULAN ASPサービスの構築と運用'', 情報処理学会教育学習支援情報システム研究会,pp.9-16, 名古屋, 2006年5月
  5. 梶田将司,杉浦達樹,Seiie Jang,上田真由美,Zhiwen Yu,間瀬健二, ``コンテキストアウェアCMSのアーキテクチャとその実装'' , 情報処理学会教育学習支援情報システム研究会,pp.57-64, 2006年5月
  6. 森田友幸, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``ヒューマノイドロボットを用いた遠隔コミュニケーションにおける興味伝達に関する検討'', 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.234, MVE2006-47, pp.25-30, 2006年9月
  7. 森田友幸, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``ロボットを用いた遠隔コミュニケーションのための視覚システム:広視野視覚合成と遅延補償提示'', 第3回電子情報通信学会ネットワークロボット時限研究会, 2007年3月
  8. 平野靖,内藤 久資,梶田将司,小尻智子,間瀬健二, ``名古屋大学のユーザ認証基盤の現状'', 国立情報学研究所オープンハウス, 2006年10月
  9. Seiie Jang, Shoji Kajita, Zhiwen Yu, and Kenji Mase, ``Context Repository: Capturing and Providing Context about User and Environment for Ubiquitous Educational Services'', 情報処理学会教育学習システム研究グループ第4回研究会, 2006年12月

全国大会

  1. 志村将吾, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``行動プライバシを考慮した体験の検索'', 情報処理学会第69回全国大会, pp.4_29-4_30, 2007年03月6日〜8日, 早稲田大学
  2. 笠野孝志, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``筆跡を用いた学習者状態推定システムに関する基礎研究'', 情報処理学会第69回全国大会, pp.4_473-4_474, 2007年3月6日〜8日, 早稲田大学
  3. 澤本祐一, 神山祐一, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, 勝山貴美子, 山内一信, ``医療面接における非言語情報を用いた会話構造分析に関する研究'', 電子情報通信学会2007年総合大会, A-14-5, pp.274, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  4. 西聡子, 森田友幸, 杉原敏昭, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``衣服のネットショッピングにおける情報閲覧と購買行動との関係性評価に関する実験'', 電子情報通信学会2007年総合大会, A-14-7, pp.276, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  5. 塚本潤, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``コミュニティコミュニケーションのための話題提供ロボット'', 電子情報通信学会2007年総合大会, pp.46, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  6. 森田友幸, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``ロボットを用いた遠隔コミュニケーションのための広視野視覚システム'', 電子情報通信学会2007年総合大会, A-16-17, pp.330, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  7. 間瀬貴彦, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``仮想無線LAN基地局を用いた位置推定の精度向上'', 電子情報通信学会2007年総合大会, A-15-13, pp.300, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  8. 今枝浩司, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``ヒストグラムと局所的な特徴量の分布を併用した前景領域の抽出手法の検討'', 電子情報通信学会2007年総合大会, D-12-151, pp.267, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  9. 竹内啓顕, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, 自由視点映像の視聴インタフェースに関する基礎検討, 電子情報通信学会2007年総合大会, pp.32, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  10. 石原和幸, 上田真由美, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``個人向け料理レシピ推薦システムの提案'', 電子情報通信学会2007年総合大会, D-4-11, pp.35, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  11. 寺田健, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``Establishing and using common knowledge between a robot and human'', 電子情報通信学会2007年総合大会, pp.287, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  12. 西村和也, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, ``護衛ロボットのための全方位カメラを用いた追従者検出'', 電子情報通信学会2007年度総合大会, pp.31, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  13. 上田真由美, 梶田将司, 間瀬健二, ``Sakaiのための学習操作履歴可視化ツール'', 電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ第5回日本データベース学会年次大会, DEWS2007, D9-3, 広島, 2007年3月
  14. 小川賀代,小村道昭,黒田綾香,梶田将司,小舘香椎子, ``ロールモデル型eポートフォリオを用いたマルチキャリアパス支援システム'', 電子情報通信学会全国大会2007年度総合大会,D-15-17, 2007年3月20日〜23日, 名城大学
  15. 小川賀代,小村道昭,黒田綾香,梶田将司,小舘香椎子, ``ロールモデル型eポートフォリオを活用した理系女性マルチキャリアパス支援'', 2007年春季第54回応用物理学会関係連合講演会, 28a-P4-18, 青山学院大学,相模原市, 神奈川, 2007年3月
  16. 清水賀代,小村道昭,黒田綾香,梶田将司,小舘香椎子, ``ロールモデル型eポートフォリオの人材育成への適用'', 日本教育工学学会第22回全国大会講演論文集, pp.343--344, 関西大学, 大阪, 2006年11月
  17. 上田真由美,小村道昭,梶田将司,間瀬健二, ``標準的な授業におけるSakai Tools の活用可能性'', 平成18年度情報教育研究集会, pp.639--642,広島大学, 東広島,2006年11月
  18. 梶田将司, 間瀬健二, ``uClassroom : Concept and Its Implementation of Ubiquitous Classroom for Ubiquitous Teaching and Learning'', 教育システム情報学会第31回全国大会予稿集, 大阪経済大学, 大阪, 2006年8月
  19. 上田真由美,梶田将司,鐘ヶ江力,岩澤亮祐,浦真吾,間瀬健二, ``uDesktopによるWebCTのインタラクションコンテキストへの適応化'', 第4回日本WebCTユーザカンファレンス,京都コンピュータ学院, 京都, 2006年8月

招待講演・依頼講演等

  1. ``大学における戦略的IT活用の促進'', 平成18年度東海工学教育協会産学懇談会「工学教育における情報技術の利用と支援」,名古屋工業大学, 2006年12月12日
  2. ``オープンソースソフトウェアによる大学教育のための情報基盤システムの構築'', 独立行政法人国立高等専門学校機構主催平成18年度教育教員研究集会(基調講演), ソフトピアジャパン, 2006年8月3日

その他

  1. 間瀬 健二, 平野 靖, 梶田 将司 : 名古屋大学IDの導入について -(I)概要-, 名古屋大学情報連携基盤センターニュース, vol.5, no.4, pp.316-320, 2006.11

研究費

  1. 科学研究費補助金学術創成研究「コンピュータ・ネットワークを用いた法学教育の実践・評価システムの創成」,平成14年度~平成18年度,研究代表者:松浦好治,研究分担者
  2. 科学研究費補助金基盤研究(A),平成18年度~20年度,「教育資源の再利用と改良における著作権合意システムの確立と普及方策に関する研究」(研究代表者: 清水康敬,研究分担者)
  3. 科学研究費補助金基盤研究(A),平成17年度~19年度、「学習コンテンツの開発流通を促進する大学間連携とその国際協調に関する研究ー国内コンテンツの開発発信支援のためにー」(研究代表者:山田恒夫,研究分担者)
  4. 基盤研究(B),平成17年度〜19年度,「アジア地域高等教育機関との連携による食・農・環境に貢献する国際人育成」(研究代表者: 松本哲男,研究分担者)
  5. 堀情報科学振興財団,平成18年度,「大学における知的資産活用のための横断的データベース検索システムの構築」(研究代表者: 上田真由美,研究分担者)
  6. 文部科学省研究振興局委託事業「知的資産のための技術基盤」「ユビキタス環境下での高等教育機関向けコース管理システム」(研究分担者,平成16年度~19年度,)
  7. 法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム(文部科学省)「自分の技量を随時確認できる多様な環境構築」(研究分担者,平成16年度〜平成18年度)
  8. JISC (Joint Information Systems Committee, The UK Higher and Further Education Funding Councils) "e-Research Tools and Resources Interoperability Study"(研究代表者: Ian Dolphin, University of Hull, 研究分担者)

海外派遣状況

  1. 2006年5月29日-6月8日 14th Semiannual JA-SIG Conference および Sakai Conference での研究発表のため, Vancouver, Canada
  2. 2006年7月11日-16日 WebCT User Conference 2006 での研究発表のため,San Francisco, USA
  3. 2006年10月8日-14日 EDUCAUSE2006参加のため,Dallas, USA
  4. 2006年11月3日〜10日, ACM CSCW2006 での研究発表のため,Banff, Canada
  5. 2006年11月15日〜19日,IEEE 4th International Workshop on Wireless, Mobile and Ubiquitous Technologies in Education (WMUTE2006) での研究発表のため
  6. 2006年12月2日-11日 15th Semiannual JA-SIG Conference および Sakai Conference での研究発表のため, Atlanta, USA
  7. 2007年3月4日-10日 EclipseCon2007 での研究発表のため, Santa Clara, USA
  8. 2007年3月12日-15日 JISC Conference 2007 参加のため, Birmingham, UK

学会,委員会,社会活動

  1. 平成11年5月~ 電子情報通信学会ソサイエティ論文誌編集委員会査読委員
  2. 平成15年1月〜 日本WebCTユーザ会幹事
  3. 平成15年5月~日本学術振興会産学協力研究委員会インターネット技術第163委員会委員
  4. 平成19年11月~日本学術振興会産学協力研究委員会インターネット技術第163委員会運営委員
  5. 平成17年9月〜 情報処理学会教育学習支援情報システム研究グループ幹事
  6. 平成18年6月〜3月平成18年度文部科学省現代的教育ニーズ取組選定委員会ペーパーレフリー
  7. 平成18年9 〜 Horizon Report 2007 Advisory Board Member
  8. 平成19年2月〜3月 豊田市豊田市における地域情報化の推進に関する意見交換会委員
  9. CSK主催アエラスフォーラムメンバ
  10. 株式会社エミットジャパン研究開発指導(2006年11月から)

教育

  1. 数学1及び演習(工学部電気電子情報工学コース2年前期)
  2. 社会システム情報学特論(情報科学研究科前期)
  3. プロセス協調分散特論(情報科学研究科前期)
  4. 知識社会システム論セミナー(情報科学研究科)

学内委員

  1. 名古屋大学広報室協力教員
  2. 学務情報システム委員会委員
  3. 国際学術コンソーシアム推進室室員
  4. 情報連携統括本部情報戦略室室員
  5. オープンコースウェア委員会委員