Shoji Kajita's Publications and Activities in 2004

You can also see publications and activities in 2013, 2012, 2011, 2010, 2009, 2008, 2007, 2006, 2005, 2004, 2003, or, go to Shoji Kajita Top Page

学術論文

  1. 梶田将司, "コース管理システムの発展と我が国の高等教育機関への波及", 独立行政法人メディア教育開発センター「メディア教育研究」(特集論文), Vol. 1 No. 1,pp. 85--98,2004年12月

国際会議

  1. Shoji Kajita, Takaki Taniguchi and Natalie Konomi, ``AC21 IT Benchmarking'', AC21 2nd International Forum ``Learning Technology'' Satellite Forum, Sydney, Australia, July 2004 (アブストラクト査読,口頭発表)

国内研究会

  1. 梶田将司, 山里敬也, ``大学間連携における WebCT Vista の活用動向'', 日本WebCTユーザ会第2回研究会予稿集, 淡路夢舞台国際会議場, 2004年9月13日〜15日
  2. 梶田将司, ``オープンソースソフトウェアによる大学間連携型情報基盤整備の現状と課題'', 情報処理学会分散システム/インターネット運用研究会報告, Vol.2007, No.77, pp.7-12, 2004年7月

全国大会

  1. 梶田将司,中澤篤志,角所考,竹村治雄,美濃導彦,間瀬健二, ``ユビキタス環境下での次世代コース管理システム'', 平成16年度情報処理教育研究集会,pp.1-4, 2004年11月
  2. 志村将吾,平野靖,梶田将司,間瀬健二, ``体験映像の日記インタフェース'', 第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004),pp.527-528(K-058), 2004年9月
  3. 山城貴之,平野靖,梶田将司,間瀬健二, ``体験記録映像を用いたユーザ行動モデル作成の検討'', 第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004),pp.525-526(K-057), 2004年9月
  4. 梶田将司, ``高等教育機関における教育の質的改善のためのコース管理システム'', 教育システム情報学会第29回全国大会,pp.127-128, 2004年8月

その他

  1. 梶田将司, ``名古屋大学ポータル MyNU.JP 本格始動!'', 名古屋大学情報連携基盤センターセンターニュース, 2005年2月
  2. 梶田将司, ``次世代情報基盤としての名古屋大学ポータル'', 名古屋大学附属図書館「館燈」No. 153, 2004年11月

招待講演・依頼講演等

  1. "Theoretical and practical aspects of E-learning: Introduction to WebCT", 15th AAACU Biennial Convention on "Development of E-Learning System as a Tool for Distance Education in Agriculture and Bio-Industry in Asia", 名古屋大学, 2004年9月29日
  2. "高等教育機関におけるコース管理システムの現状と将来展望", 第49回 CSK IT-SOLUTION SEMINAR「IT活用による教育改革へのチャレンジ」,大阪, 2004年10月4日
  3. "高等教育機関における教育の質的改善のためのコース管理システム", 教育システム情報学会第29回全国大会パネル討論会I「高等教育とe-Learning」,高松, 2004年8月21日
  4. "大学における情報基盤デザインの現状と課題", 「次世代学内コンピュータシステムのあり方」サンマイクロシステムズセミナー,名古屋, 2004年7月8日

研究費

  1. 科学研究費補助金基盤研究(A)(2),平成15年~17年、「地域学術コンソーシアムにおける e-Learning 地域ハブに関する研究」(研究代表者:本人)
  2. 科学研究費補助金学術創成研究「コンピュータ・ネットワークを用いた法学教育の実践・評価システムの創成」,平成14年度~平成18年度,研究代表者:松浦好治,研究分担者
  3. 文部科学省研究振興局委託事業「知的資産のための技術基盤」「ユビキタス環境下での高等教育機関向けコース管理システム」(研究分担者,平成16年度~19年度,)
  4. 法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム(文部科学省)「自分の技量を随時確認できる多様な環境構築」(研究分担者,平成16年度〜平成18年度)

海外派遣状況

  1. 2004年6月20日-27日 10th Semiannual JA-SIG Conference および Sakai Conference, Denver, USA, 参加のため
  2. 2004年7月10日-18日 WebCT User Conference 2004 参加のため,Orlando, USA
  3. 2004年7月20日-23日 AC21 2nd International Forum での建久発表のため,Sydney, Australia
  4. 2004年12月4日-12日 JA-SIG Conference および Sakai Conference 参加のため, New Orleans, USA

学会,委員会,社会活動

  1. 平成15年1月〜 日本WebCTユーザ会幹事
  2. 平成15年5月~日本学術振興会産学協力研究委員会インターネット技術第163委員会委員
  3. 平成16年12月〜17年3月 ポスト2005における文部科学省のIT戦略のあり方に関する調査研究会委員

兼業・兼務

  1. 独立行政法人メディア教育開発センター客員助教授
  2. 株式会社エミットジャパン会長取締役

教育

  1. 数学1及び演習(工学部電気電子情報工学コース2年前期)
  2. 社会システム情報学特論(情報科学研究科前期)
  3. プロセス協調分散特論(情報科学研究科前期)
  4. 知識社会システム論セミナー(情報科学研究科)

学内委員

  1. 名古屋大学広報委員会委員
  2. 学務情報システム推進委員会委員
  3. 国際学術コンソーシアム推進室室員